コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧下 あっか

大辞林 第三版の解説

あっか【圧下】

( 名 ) スル
上に出ようとするものを押さえつけること。抑圧。 「我国戦国の為めに久しく-せられたる文運/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

圧下の関連キーワードファーレンハイト温度目盛酸化亜鉛(データノート)ガッターマン=コッホ反応コルベ=シュミット反応アトモシリカレナイトレオミュール温度目盛ペンタカルボニル鉄ベンゼンスルホン酸水酸化マグネシウムクリストバライト水ポテンシャルシャルルの法則オートクレーブアンモニア合成六フッ化ウランエバポレーター加圧ろ(濾)過液化石油ガスフィッシャー加圧浮上法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android