コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在す・坐す います

大辞林 第三版の解説

います【在す・坐す】

( 動四 )
「ある」「いる」の尊敬語。いらっしゃる。おありになる。 「万代に-・し給ひて天の下申し給はね朝廷みかど去らずて/万葉集 879
「行く」「来る」の尊敬語。お出かけになる。おいでになる。 「家思ふとこころ進むな風守り好くして-・せ荒しその路/万葉集 381」 「右大将の宇治へ-・すること、尚絶えはてずや/源氏 浮舟
(補助動詞)
(「…にいます」「…にています」の形で名詞を受けて)…でいらっしゃる。 「吾が大国主、汝こそは男に-・せば/古事記
動詞・形容詞・形容動詞の連用形に付いて、尊敬の意を表す。 「はしきよし君はこのころうらさびて嘆かひ-・す/万葉集 4214
( 動サ変 )
に同じ。 「かかる道はいかでか-・する/伊勢 9」 「などか久しく-・せぬ/三宝絵詞 」 〔活用は上代は四段。平安時代には四段とともにサ変が併用され、未然形「いませ」、連体形「いまする」、命令形「いませよ」の例があらわれるが、連用形「いませ」の形は自動詞にはない〕
( 動下二 )
他動性の動作の及ぶ人に対する敬意を表す。おいでにならせる。いらっしゃるようにさせる。 「他国ひとくにに君を-・せて何時までか/万葉集 3749

まします【在す・坐す】

( 動四 )
〔動詞「ます(坐)」を重ねたもの。きわめて敬度が高く、中古には神仏・国王などに対して用いられた〕
「有り」「居り」の尊敬語。おいでになる。おありになる。 「霊験を施し給ふ事かくの如くぞ-・しける/今昔 16」 「御腹に一院の宮の-・しけるが/平家 1
「行く」「来」の尊敬語。いらっしゃる。 「速やかに返り給ひて後によき日を以て-・せ/今昔 24
(補助動詞)
形容動詞の連用形、または、体言に断定の助動詞「なり」の連用形「に」の付いたもの、さらに、これらに助詞「て」の付いたものに付いて、「である」の意を敬っていう。…でいらっしゃる。 「宿徳しとくにて-・しける大徳のはやう死にけるが/大和 25」 「大海の潮干て山になるまでに君は変らぬ君に-・せ/山家
動詞の連用形、またはそれに助詞の付いたものに付いて、「てある」「ている」の意を敬っていう。特に、尊敬の助動詞「す」「さす」とともに「せまします」「させまします」の形で用いることが多い。…ていらっしゃる。…なさる。 「鳥羽殿には、相国もゆるさず、法皇もおそれさせ-・しければ/平家 4」 「輔仁の親王も御才学すぐれて-・しければ/平家 4

ます【在す・坐す】

( 動四 )
〔「います」の転〕 「ある」「いる」の尊敬語。いらっしゃる。 「大君は神にし-・せば/万葉集 235
「行く」「来る」の尊敬語。おでましになる。おいでになる。いらっしゃる。 「我が背子が国へ-・しなば/万葉集 3996
(補助動詞) 他の動詞の連用形に付いて、補助動詞「ある」「いる」の尊敬語。また、その動詞に尊敬の意を添える。…ていらっしゃる。お…になる。 「神の御代より敷き-・せる国にしあれば/万葉集 1047」 「我が背子が帰り来-・さむ時のため命残さむ忘れたまふな/万葉集 3774

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

在す・坐すの関連キーワード補助動詞万葉集背子

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android