コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業

1件 の用語解説(在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業

日朝両政府の了解のもと、日本赤十字社と朝鮮赤十字会が実務を担った。1959年12月14日に新潟港から最初の帰還船が出航し、84年までに計9万3340人が船で北朝鮮に渡った。日本国籍を持つ配偶者と子ども計6679人も含まれ、うち日本人妻は1831人。97~00年に3回行われた里帰り事業で、計43人が1週間ほど、日本に一時帰国したが、自由な往来は認められていない。

(2009-12-15 朝日新聞 朝刊 新潟全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業の関連キーワード日本赤十字社認可法人日赤博愛社JRCSLRCS赤十字社青木延雄松平乗承近衛忠煇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone