コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在来種と外来種の見分け方

1件 の用語解説(在来種と外来種の見分け方の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在来種と外来種の見分け方

在来種は花びらの根元を包む緑色の部分がまっすぐ上を向いているが、明治以降に外国から入ってきた外来種は外側へ反り返っている。今回の調査では在来種と外来種の交雑種は外来種に含めた。

(2011-05-13 朝日新聞 朝刊 大阪市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

在来種と外来種の見分け方の関連キーワードびらんモザイク病甘皮銀蜻蜓鍬平在来種桜蓼歯茎白身果心

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone