在留特別許可に係るガイドライン

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

在留特別許可に係るガイドライン

法務省入国管理局が10月上旬に策定した。許可許否を判断する際に考慮する事項と、参考例を示している。許可を与える「積極要素」の参考例は▽難病疫病などの日本での治療が必要▽日本への定着性が認められ、母国との関係が希薄となり、そこで生活することが極めて困難。逆に「消極要素」は▽不法就労助長罪、集団密航に関する罪などで刑事処分を受けたことがある▽資格外活動不法入国不法上陸、または不法残留以外の退去強制事由に該当する▽過去に退去強制手続きを受けたことがある。

(2006-11-09 朝日新聞 朝刊 群馬県央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

在留特別許可に係るガイドラインの関連情報