コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地ビール醸造解禁

1件 の用語解説(地ビール醸造解禁の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地ビール醸造解禁

細川護熙政権が1994年、規制緩和の目玉として酒税法を改正。ビールの醸造免許を得るのに必要な年間生産量が2千キロリットルから60キロリットルへ引き下げられ、少量生産する地ビールが各地で登場した。年間6キロリットル以上の生産で許可される発泡酒免許で参入する人もいる。

(2014-08-08 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地ビール醸造解禁の関連キーワードココムの規制緩和規制緩和推進5ヵ年計画規制緩和[日本]産業の規制緩和広告規制の緩和規制改革会議特区特定目的鉄道第3の道路線雇用制度改革

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地ビール醸造解禁の関連情報