地口あんどん(読み)じぐちあんどん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地口あんどん
じぐちあんどん

あんどんの一種。稲荷神社の祭礼などに,地口を書き戯画を描き添えて,参道かたわらに立て並べる。江戸時代には盛んに行われた。 (→あんどん )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android