コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域のバスをめぐる現状

1件 の用語解説(地域のバスをめぐる現状の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域のバスをめぐる現状

道路運送法の改正によって、02年2月からバス事業の規制緩和が実施された。国土交通省の「許可」が必要だった撤退は、半年前の「届け出」で可能に。需要と供給のバランスをもとに「免許」制だった参入は、路線や保有するバスの台数などをまとめた事業計画書を提出することで認められる「許可」制に変わった。国交省中国運輸局によると、02年度に約3万3千キロだった中国5県のバス路線は、07年度には約4万3千キロまで増えている。一方、利用者は2億人から1億9千万人へと減少を続けており、乗客のニーズに応じて走行区間を増やすが、利用者が伸び悩む苦しい台所事情がうかがえる。

(2009-05-12 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域のバスをめぐる現状の関連キーワード車検道路運送法助教授ユーザー車検有料道路放送持株会社タクシーの規制緩和道路交通法の酒類提供タクシー規制青パト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone