コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域公共交通活性化・再生総合事業

1件 の用語解説(地域公共交通活性化・再生総合事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域公共交通活性化・再生総合事業

市町村と公共交通事業者、住民などが協議会を作り、地域に合ったバスや乗り合いタクシーの運行計画作りや、実証運行に対して国が補助する制度。07年施行の「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に基づいて08年度に創設された。3カ年で全国436協議会が認定されたが、政権交代後の事業仕分けで「直ちに廃止」と判定された。今年度から主に過疎地に重点を置いた「地域公共交通確保維持改善事業」に切り替わった。

(2012-01-29 朝日新聞 朝刊 首都4県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域公共交通活性化・再生総合事業の関連キーワード市町村税市町村議会市町村組合市町村条例町村議会UITP地域協議会地域自治区公共交通の案内表示地域公共交通活性化事業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone