コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域団体商標登録制度

1件 の用語解説(地域団体商標登録制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域団体商標登録制度

「宇治」と「茶」のような、地域名と一般的な商品名を組み合わせただけの商標はこれまで認められていなかったが、「地域ブランド」を守ろうと06年に制度ができた。07年5月17日現在で出願件数は717件。京都府が133件で最も多く、次いで兵庫県44件、石川県33件となっている。茶では伊勢茶(三重県)、知覧茶(鹿児島県)など三つが認められている。

(2007-05-26 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域団体商標登録制度の関連キーワード一般的宇治丸型破り然りげ紅葉のような手然らむ地域団体商標ネオイントルージョンご当地ファンドブリオッシュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地域団体商標登録制度の関連情報