コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域間連系線と連系設備

1件 の用語解説(地域間連系線と連系設備の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地域間連系線と連系設備

沖縄を除く日本列島を九つに分けている送電網をつなぎ、電力をやりとりする設備。電力各社が共同で大型の発電所を建て、連系設備を使って広域的に電力融通すれば、それぞれ電力会社が予備の発電所を余計に持たずに済む。連系線や連系設備は、緊急時の電力融通と、電源開発日本原子力発電などの卸電気事業者の電気を送るために、1950年代後半から整備が始まった。

(2012-02-02 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地域間連系線と連系設備の関連キーワードアサギマダラ西南日本東北日本日本列島稲作九州上生超高圧送電線電力供給の地域独占お雑煮

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone