コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方交付税の法定率

1件 の用語解説(地方交付税の法定率の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方交付税の法定率

地方交付税法で、国税のうち所得税、酒税の32%、法人税の35・8%、消費税の29・5%、たばこ税の25%を「地方固有の財源」として定め、自動的に繰り入れるとしている。この数字を引き下げれば、自治体に配布される交付税額は削減される。

(2006-05-12 朝日新聞 朝刊 政治)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方交付税の法定率の関連キーワード課税所得租税法普通交付税収得税特別交付税交付税所得税法配付税地方交付税と三位一体改革地方交付税の不交付団体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方交付税の法定率の関連情報