コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方債の協議制度

1件 の用語解説(地方債の協議制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方債の協議制度

自治体の自主性を高める立場から、地方分権推進委員会の第2次勧告などに基づき、今年度から許可制から協議制に移行した。自治体標準財政規模に応じて一定以上の赤字になるか、実質公債費比率が18%以上になると引き続き総務相の許可が必要になる。許可が不要の自治体は、総務省と協議し同意を得て地方債を発行する。同意が得られなくても、事前に議会に報告すれば発行できる。

(2006-07-29 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方債の協議制度の関連キーワード私立学校法地方財政法地方自治体地方分権改革推進委員会機械化自治体分権委自治基本条例地方分権改革推進法地方分権改革

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone