コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方分権推進委員会 ちほうぶんけんすいしんいいんかい

2件 の用語解説(地方分権推進委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方分権推進委員会
ちほうぶんけんすいしんいいんかい

地方分権推進法が 1995年5月に成立したのをうけて,総理府に設置された委員会。国会承認による委員7人からなり,委員長は諸井虔日経連副会長。土地利用環境保全インフラ整備などに関する「地域づくり部会」と,教育,文化,福祉,保健などに関する「くらしづくり部会」のニつの専門部会を設け,1996年3月に中間報告をまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

地方分権推進委員会

いずれも地方分権を進めるために時限的に設けられた首相直属の諮問機関。前者による分権を第1次分権、後者による分権を第2次分権ということもある。地方分権推進委員会(1995年7月〜2001年7月)は95年の地方分権推進法に基づいて発足し01年までの5次にわたる勧告で地方分権改革の基礎を築いた。勧告の多くは改正地方自治法(00年4月施行)に結実した。国と地方は対等・協力の関係にあり、住民に身近な行政は地方が行い、国は国家存立や全国的視点を要する行政を行うという原則のもと、機関委任事務の廃止、国地方係争処理委員会の創設、国の関与の透明化、必置規制(組織や職の設置の義務づけ)の緩和、自治体の課税権強化などが実施された。しかし税源移譲や補助金改革など財政上の分権は進まず、これに対応すべく地方分権改革推進会議(01年7月〜04年7月)が設けられた。同会議は3次にわたる意見書で、ナショナル・ミニマムからローカル・オプティマム(地域ごとの最適状態)へ、行政の総合化、地域間競争、自立的財政運営、国の決定への地方の参画を基本方針に、事務事業の見直し、税財源や補助金の移譲を提言した。地方分権改革推進会議は、地方制度調査会のほか、01年1月の省庁再編で内閣府に設けられた経済財政諮問会議と共に地方分権を推進してきた。

(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方分権推進委員会の関連キーワード席を進める膝を進める地域主権戦略室分権委地方分権一括法地方分権改革推進本部全国知事会のマニフェスト採点地方分権改革推進法強い農業づくり交付金地方税の割合は減少傾向

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方分権推進委員会の関連情報