コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方議員年金制度

1件 の用語解説(地方議員年金制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地方議員年金制度

地方議員年金は1961年、任意加入の互助年金として始まった。だが、翌年に強制加入になり、公的年金の性格を帯びた。71年の統一選後に退職者への一時金が膨れあがり、地方交付税などによる公費負担が始まった。以後、掛け金率と公費負担率は増え続けたが、給付水準については、しばらく手はつけられなかった。その後、「平成の大合併」に伴う急激な議員数減少もあり、2002年と06年に大幅に制度改正し、現職の将来の給付額が3割、退職者の給付額も1割減額された。現在、公費負担は掛け金総額の約4割となっている。

(2010-11-27 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方議員年金制度の関連キーワード郵便年金特別障害給付金私的年金議員年金国会議員互助年金地方議員年金国会議員年金国民年金の任意加入地方議員の退職年金地方議員の年金

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方議員年金制度の関連情報