コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地温こう配(地温勾配) ちおんこうばいgeothermal gradient

世界大百科事典 第2版の解説

ちおんこうばい【地温こう配(地温勾配) geothermal gradient】

一般に地下深くに入るにしたがって,地球内部の温度は高くなっている。その割合を地温こう配という。地温こう配を測るには,陸上では深い井戸とか掘削孔に温度計を挿入して,温度を深さの関数として測定する。深いトンネルとか鉱山の坑道を利用することもある。地温こう配の値は,ふつうは深さ100mごとに約3℃(3×10-2℃/m)程度といわれるが,実際には場所によってかなりの違いがある。気温の日変化,季節変化などによる影響をさけるために,正確な地温こう配の測定には数十m以上の深さの穴が必要だが,地下水の流動などのある場合にはもっと深い必要がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android