コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地理情報システム(GIS)

1件 の用語解説(地理情報システム(GIS)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地理情報システム(GIS)

地図に文字や記号など様々な情報を重ね、表示や編集などをできるようにしたシステム。紙上の情報だった地図を電子化してコンピューターに記録することで、地図の更新や検索が容易になる。民間では、地域ごとの「高収入層の割合」などのデータを使い、市場調査での活用が盛ん。07年8月には、システムの推進を目的として、地理空間情報活用推進基本法が施行された。

(2009-07-24 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地理情報システム(GIS)の関連キーワードエンティティ半角文字符号約物顧客データベース印字印文国際音声記号に文字スマート・カード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone