地理情報システム(GIS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地理情報システム(GIS)

地図に文字や記号など様々な情報を重ね、表示や編集などをできるようにしたシステム紙上の情報だった地図電子化してコンピューターに記録することで、地図の更新や検索が容易になる。民間では、地域ごとの「高収入層の割合」などのデータを使い、市場調査での活用が盛ん。07年8月には、システムの推進を目的として、地理空間情報活用推進基本法が施行された。

(2009-07-24 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地理情報システム(GIS)の関連情報