コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震・津波観測監視システム

2件 の用語解説(地震・津波観測監視システムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地震・津波観測監視システム

熊野灘のフィリピン海プレート沈み込む南海トラフ(溝)周辺に全長250キロの光ファイバー基幹ケーブルループ状に敷設する。範囲は尾鷲市から南南東約120キロ、幅は約60キロ。基幹ケーブル5地点から放射状に枝線を延ばし、先端に海底の揺れや長期間の動きを観測する高さ約1メートルのチタン合金製の円柱形地震計と津波の強弱や水圧、地底温度などを検知する圧力計を一組に各4基埋設する。

(2010-07-21 朝日新聞 朝刊 三重全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地震・津波観測監視システム
じしんつなみかんそくかんししすてむ

独立行政法人海洋研究開発機構JAMSTEC)が、南海トラフの地震、津波を常時観測監視するために開発した観測システム。英語名はDense Oceanfloor Network system for Earthquakes and Tsunamisで、略称はDONET(ドゥーネット)
 第一フェーズでは、東南海地震の想定震源域である紀伊半島潮岬(しおのみさき)沖の水深約1900~4300メートルの海底20か所に、海底の動きをリアルタイムでチェックできる観測機器(強震計、広帯域地震計、水晶水圧計、微差圧計、ハイドロフォン、精密温度計)を設置、2011年(平成23)8月にすべての観測機器を基幹ケーブルへと接続し、本格運用を開始した。観測装置からのリアルタイムデータは、三重県尾鷲(おわせ)市にある陸上局から、専用回線を通じて海洋研究開発機構や防災科学技術研究所、気象庁に配信されている。
 なおDONETは観測機器を合計100か所まで増設可能であり、第二フェーズでは2015年度の運用開始を目ざし、南海地震の想定震源域である高知県室戸岬沖への拡張を進めている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震・津波観測監視システムの関連キーワードフィリピン海フィリピン海溝プレート境界地震南海トラフ相模トラフ駿河トラフ太平洋プレートフィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震・津波観測監視システムの関連情報