コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震対策と予知・予測

1件 の用語解説(地震対策と予知・予測の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地震対策と予知・予測

地震発生前に場所、規模、時間が判断できることを一般に「予知」という。78年成立の大規模地震対策特別措置法は、東海地震の予知を前提に災害の防止・軽減を図る。発生数日前から直前までの予知を目指す。主要な海溝型地震や活断層について評価する「長期予測」は、発生時間ではなく、一定期間内に起きる確率を示す。30年以内の発生確率は東海が87%、東南海が60~70%、南海が50%。一方、気象庁が運用する緊急地震速報は、発生直後の地震を震源に近い地震計でとらえ、離れた地域が大きく揺れる前に知らせる

(2008-08-27 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震対策と予知・予測の関連キーワード警戒宣言人工地震前震地震予知死に場死に場所生前処分直下型地震裏取り地震被害早期評価システム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone