コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂倉新兵衛(12代) さかくら しんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂倉新兵衛(12代) さかくら-しんべえ

1881-1960 明治-昭和時代の陶芸家。
明治14年9月1日生まれ。11代坂倉新兵衛の長男。明治30年12代をつぐ。31年から9代高麗左衛門(こうらいざえもん)に萩(はぎ)焼をまなび,家業を復興。昭和23年萩焼美術陶芸協会会長。32年選択無形文化財保持者。萩焼の販路拡大に尽力し,萩焼中興の祖とされる。昭和35年12月3日死去。79歳。山口県出身。幼名は平吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

坂倉新兵衛(12代)の関連キーワード新藤兼人教育改革磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争コーマン鈴木清順

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android