コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂倉準三(1901~69)

1件 の用語解説(坂倉準三(1901~69)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

坂倉準三(1901~69)

岐阜県羽島市の造り酒屋に生まれ、東京帝国大学文学部美学美術史学科卒。パリ留学中にル・コルビュジエ(1887~1965)の下で働き、モダニズム建築を学んだ。主な作品に、パリ万博日本館(1937)、神奈川県立近代美術館(1951)、東急文化会館(1956)、芦屋市民会館ルナ・ホール(1970)などがある。

(2010-09-04 朝日新聞 朝刊 愛媛全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂倉準三(1901~69)の関連キーワード羽島市酒屋役造り酒屋造り酒羽島美濃縞請酒屋煮売り酒屋中村西渓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂倉準三(1901~69)の関連情報