坂崎 乙郎(読み)サカザキ オツロウ

20世紀日本人名事典の解説

坂崎 乙郎
サカザキ オツロウ

昭和期の美術評論家,美術史家 早稲田大学政治経済学部教授。



生年
昭和3(1928)年1月1日

没年
昭和60(1985)年12月21日

出生地
東京

学歴〔年〕
早稲田大学独文科〔昭和26年〕卒,早稲田大学大学院美術史学科〔昭和29年〕修了

経歴
大学院ではマネを研究。昭和30年ドイツに留学し、ザールブリュックン大学で近代美術史を学ぶ。32年に帰国後、美術評論家としてドイツ表現派、ウィーン幻想派などの日本紹介で先駆的役割を果たした。「絵を読む」「夜の画家たち」「イメージの狩人」「絵とは何か」など著書多数。単なる美術評論ではなく、芸術家の心象風景を短編小説的な手法でえがいて、ファンが多かった。早稲田高等学院教諭、早稲田大学講師、助教授、教授を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

坂崎 乙郎 (さかざき おつろう)

生年月日:1928年1月1日
昭和時代の美術評論家;美術史家。早稲田大学教授
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂崎 乙郎の関連情報