コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂本 朝一 サカモト トモカズ

20世紀日本人名事典の解説

坂本 朝一
サカモト トモカズ

昭和・平成期の放送人 元・NHK会長。



生年
大正6(1917)年3月28日

没年
平成15(2003)年12月31日

出生地
東京・神田明神下

別名
川柳雅号=一胡(カズコ)

学歴〔年〕
早稲田大学文学部英文科〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔平成2年〕

経歴
昭和14年NHKに入局。主に演芸やドラマなどのラジオ番組を担当。15年テレビ実験放送で日本初のテレビドラマ「夕餉前」(脚本・伊馬春部)の演出を手がけた。戦後は「二十の扉」「私は誰でしょう」「向う三軒両隣り」などの番組を担当してラジオ全盛を支え、テレビ放送開始後は「バス通り裏」「事件記者」などを手がけ連続ドラマという手法を確立。36年朝の連続テレビ小説の第一作「娘と私」を送り出し、41年「おはなはん」が大ヒット、“朝ドラ”の基礎を築いた。専務理事、芸能局長、放送総局長、副会長などを経て、51年NHK生え抜きとして始めて会長に就任。57年顧問。60年国家公安委員会委員、62年国語審議会会長、平成9年横綱審議委員会委員長なども歴任した。著書に「放送よもやま話」「放送つれづれ草」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

坂本 朝一の関連キーワード国際演劇協会

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android