コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東三津五郎(初代) ばんどう みつごろう

2件 の用語解説(坂東三津五郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東三津五郎(初代) ばんどう-みつごろう

1745-1782 江戸時代中期の歌舞伎役者。
延享2年生まれ。初代坂東三八の養子。大坂浜芝居竹田座の立者(たてもの)だったが,明和3年(1766)江戸にいき坂東三津五郎を名のる。容姿がよく,女方,所作事などをかねたが,和実を得意とした。天明2年4月10日死去。38歳。大坂出身。前名は竹田巳之助。俳名は是業。屋号は大和屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂東三津五郎(初代)

没年:天明2.4.10(1782.5.21)
生年:延享2(1745)
江戸時代中期の歌舞伎役者。俳名是業。屋号は代々大和屋。大坂の生まれ。初め竹田巳之助と名乗って大坂浜芝居の竹田座に出ていたが,明和3(1766)年初代坂東三八の養子となり,養父と共に江戸に下って坂東三津五郎と改め,立役として舞台に出る。たちまち頭角をあらわし,急速に人気を得て花形役者となり,安永6(1777)年の「将門冠初雪」の壬生忠見で「当座一」の評を得,安永9年刊の評判記には「此様にも急に上手にならるる物でござるか……何をせられてもよいよいとの評判,さりとはきようなお人」と賞された。容姿に優れ,和事を中心として役柄が広く,女形もできたが,口跡には浜芝居以来の臭味が残ったという。将来を嘱望されたが,位付けの上上吉を目前にして,惜しくも38歳で急死した。

(井草利夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂東三津五郎(初代)の関連キーワード嵐三八嵐七五郎(初代)市川小団次(2代)市川雷蔵(2代)霧波滝江仙国彦助(2代)中村七三郎(4代)坂東国五郎(2代)坂東三八(2代)藤川山吾