坂東太郎(川)(読み)ばんどうたろう

世界大百科事典内の坂東太郎(川)の言及

【利根川】より

…幹川流路延長は322kmで日本では信濃川に次ぐ長さであるが,全流域面積は1万6840km2で日本最大であり,栗橋観測点での流量(1982)は年平均255m3/s,最大7940m3/s,最小58.1m3/sである。坂東太郎とも呼ばれ,筑後川(筑紫二郎),吉野川(四国三郎)とともに日本三大河という。支流数は285で,おもな河川には赤谷(あかや)川,片品(かたしな)川吾妻(あがつま)川,烏(からす)川,渡良瀬(わたらせ)川鬼怒(きぬ)川小貝(こかい)川などがあり,分流として江戸川がある。…

※「坂東太郎(川)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android