コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東彦三郎(5代) ばんどう ひこさぶろう

2件 の用語解説(坂東彦三郎(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂東彦三郎(5代) ばんどう-ひこさぶろう

1832-1877 江戸後期-明治時代の歌舞伎役者。
天保(てんぽう)3年10月生まれ。4代坂東彦三郎の養子。安政3年(1856)5代を襲名。容姿がよく,上品で,音声にすぐれ,天分にめぐまれる。和実,実悪,女方など幅ひろくこなした。明治10年10月13日死去。46歳。江戸出身。初名は坂東鶴之助。前名は坂東竹三郎。俳名は薪子,薪水など。屋号は音羽屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

坂東彦三郎(5代)

没年:明治10.10.13(1877)
生年:天保3.10(1832)
幕末明治初期の歌舞伎役者。俳名薪子,薪水など。屋号音羽屋。幼名銀蔵。江戸生まれ。天保11(1840)年4代目彦三郎の養子となり,のちに子供芝居の座長となる。初名初代坂東鶴之助,後名初代坂東竹三郎。安政3(1856)年彦三郎を襲名。4代目中村芝翫と並んで幕末から明治初年の劇界の最高位に立ち,「業は彦三郎,人気は芝翫」といわれた。通称「名人彦三郎」。容姿口跡に恵まれ,芸風は上品にして巧緻,芸域が広く脚本の理解力も優れ,古典物でも「彦三郎型」と呼ばれる演出を今日に残している。彦三郎の名跡は,昭和55(1980)年に襲名した8代目におよぶ。<参考文献>伊原敏郎『明治演劇史』,関根黙庵「5代目坂東彦三郎」(『演芸画報』1915年5月号)

(石橋健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂東彦三郎(5代)の関連キーワード大谷広次(五世)歌舞伎草子歌舞伎者歌舞伎役者市川団蔵(7代)沢村田之助(3代)段助中村勘之丞坂東彦三郎(2代)坂東彦三郎(4代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone