コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂東 三津五郎(7代目) バンドウ ミツゴロウ

2件 の用語解説(坂東 三津五郎(7代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

坂東 三津五郎(7代目)
バンドウ ミツゴロウ

明治〜昭和期の歌舞伎俳優,日本舞踊家 坂東流家元。



生年
明治15(1882)年9月21日

没年
昭和36(1961)年11月4日

出生地
東京

本名
守田 寿作

別名
俳名=是好,前名=坂東 八十助(2代目)(バンドウ ヤソスケ)

屋号
大和屋

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和35年〕

経歴
明治22年2代坂東八十助の名で初舞台。4代芝翫、9代団十郎の薫陶を受け、39年7代三津五郎を襲名。6代菊五郎、初代吉右衛門らと市村座に拠って活躍した。舞踊は軽妙、高雅であり、6代菊五郎とコンビの「棒しばり」「三社祭」など多くの名舞台を残した。大正10年市村座を脱退したが、その後も菊吉と歌舞伎の舞台で共演。昭和32年「寒山拾得」の舞台で倒れ、以後引退。著書に「三津五郎舞踊芸話」「三津五郎芸談」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

坂東 三津五郎(7代目)
バンドウ ミツゴロウ


職業
歌舞伎俳優 日本舞踊家

肩書
坂東流家元 日本芸術院会員〔昭和23年〕,重要無形文化財保持者(歌舞伎舞踊)〔昭和30年〕

本名
守田 寿作(モリタ ジュサク)

別名
前名=坂東 八十助(2代目)(バンドウ ヤソスケ),俳名=是好

屋号
大和屋

生年月日
明治15年 9月21日

出生地
東京都 新富町(東京都 中央区)

経歴
新富座座主・12代目守田勘弥の長男。明治22年2代目坂東八十助の名で初舞台。舞踊を2代目藤間勘右衛門花柳勝次郎に師事。25年頃から4代目中村芝翫、9代目市川団十郎の薫陶を受け、39年7代目坂東三津五郎を襲名、舞踊坂東流家元となる。中村座座頭となり、6代目尾上菊五郎、初代中村吉右衛門らと活躍。舞踊は軽妙、高雅であり、6代目菊五郎とコンビの「棒しばり」「三社祭」など多くの名舞台を残した。大正10年市村座を脱退したが、その後も菊吉と歌舞伎の舞台で共演。昭和23年日本芸術院会員、30年第一次人間国宝に認定。32年「寒山拾得」の舞台で倒れ、以後引退。35年文化功労者。坂東流家元として、武原はん吾妻徳穂など多くの人材を育てた。著書に「三津五郎舞踊芸話」「三津五郎芸談」など。

受賞
文化功労者〔昭和35年〕

没年月日
昭和36年 11月4日 (1961年)

家族
父=守田 勘弥(12代目),長男=坂東 三津五郎(8代目)

伝記
日本の舞踊知らざぁ言って聞かせやしょう―歌舞伎界でんがく返し忘れじの美女 渡辺 保 著中村 又蔵 著戸板 康二 著(発行元 岩波書店日本テレビ放送網三月書房 ’91’88’88発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone