坂東 家橘(読み)バンドウ カキツ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

坂東 家橘
バンドウ カキツ


職業
歌舞伎俳優

別名
初名=市村 竹松,前名=市村 羽左衛門(14代目)(イチムラ ウザエモン)

生年月日
弘化4年 12月18日

出身地
江戸(東京都)

経歴
12代市村羽左衛門の三男。嘉永4年5才で初舞台。明治3年借財のため市村座を譲る。4年程京都にも滞まったが11年帰京し、団十郎・菊五郎と座を共にした。15年はじめて座長となり、翌年の無人芝居でも評判を得る。上品な演技で時代物は団十郎・世話物は菊五郎を手本に技芸をみがいた。初期は若立役、若女形の両方をこなし、後に和事を本領に老け役・敵役もこなした。和事は当代髄一と称された。当り役は八犬伝の信乃、虎の巻の瀬川五郷、忠臣蔵の勘平など多数。

没年月日
明治26年 (1893年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

坂東 家橘 (ばんどう かきつ)

生年月日:1847年12月18日
江戸時代;明治時代の歌舞伎役者
1893年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android