コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田残土埋め立て事業

1件 の用語解説(坂田残土埋め立て事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

坂田残土埋め立て事業

館山市坂田の山林約6万平方メートルに、神奈川県からの建設残土約104万立方メートル埋め立て処分する。同市沼の服部回漕店(服部勝太郎社長)が今年6月、県に事業申請した。工事期間は3、4年。4カ月ごとに土質や水質を分析。毎日5~10台の大型ダンプが館山港から坂田を10往復する。跡地にミカン園を整備、観光スポットにする計画だ。

(2011-11-20 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂田残土埋め立て事業の関連キーワードヘクタール立方メートルパシフィコ横浜平方メートルJR博多シティ那須ガーデンアウトレットイオン倉敷ショッピングセンター新県立博物館イーストビルグランフロント大阪

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone