コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田金時・坂田公時 さかたのきんとき

大辞林 第三版の解説

さかたのきんとき【坂田金時・坂田公時】

〔名は「公時」とも書く〕 平安中期の武将。源頼光の四天王の一人とされる。実在の人物ともいわれるが未詳。今昔物語や中世説話、御伽草子・浄瑠璃・歌舞伎などで豪勇無双の武者として描かれる。伝承では山姥の子で相模国足柄山で育ったという。幼名を金太郎、また浄瑠璃・歌舞伎では快童丸という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

坂田金時・坂田公時の関連キーワード今昔物語御伽草子四天王金太郎源頼光歌舞伎浄瑠璃未詳幼名山姥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android