コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坐骨神経(座骨神経) ざこつしんけいsciatic nerve

世界大百科事典 第2版の解説

ざこつしんけい【坐骨神経(座骨神経) sciatic nerve】

下肢を支配する神経。ヒトの末梢神経のなかでは最も太くて長い神経で,鉛筆の軸よりも太いくらいで,体重以上の張力をかけても肉眼的には断裂しないといわれる。この神経を形成する神経繊維は,主として第4腰神経から第3仙骨神経までの前枝に含まれる神経繊維である。これらの神経繊維は坐骨神経叢に加わり,次いで坐骨神経としてまとまるのであるが,下肢においては上腿の屈筋群と下腿・足のすべての筋群を支配し,また下腿(内側面を除く)と足の皮膚に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の坐骨神経(座骨神経)の言及

【足∥肢】より

…前者は下腿と大腿の内側面を上行して鼠径部で大腿静脈にはいり,後者は下腿後面を上行して膝窩静脈に注ぐ。
[足の神経]
 下肢の神経として,人体最大の神経,坐骨神経がある。大臀筋の下縁中央で大腿後面に出て,大腿の屈筋群に枝を与えたのち,膝窩の上方で外側の総腓骨神経と内側の脛骨神経に分かれる。…

※「坐骨神経(座骨神経)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android