コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垣楯・掻楯・搔楯 かいだて

大辞林 第三版の解説

かいだて【垣楯・掻楯・搔楯】

〔「かきだて」の転〕
垣根のように楯を立て並べること。 「御門のはざまに-などして/宇治拾遺 5
小形の持ち楯(手楯)に対し、大形の楯をいう。普通は厚板二枚を縦に並べて接ぎ、表に紋を描き、裏に支柱をつけて地面に立てるようにしてある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

垣楯・掻楯・搔楯の関連キーワード持ち楯支柱垣根御門

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android