垪和 為昌(読み)ハガ タメマサ

20世紀日本人名事典「垪和 為昌」の解説

垪和 為昌
ハガ タメマサ

明治・大正期の化学者 東京帝大理学部教授。



生年
安政3年5月23日(1856年)

没年
大正3(1914)年11月21日

出生地
江戸

学歴〔年〕
工部大学校(現・東京大学工学部)〔明治14年〕卒

学位〔年〕
理学博士〔明治27年〕

経歴
備中浅尾藩士の子として生まれる。工部大学校でお雇い外国人E・ダイバーズから化学を学び、明治14年に卒業後は同校の助手助教授歴任。19年帝国大学令の発布に伴って帝国大学理科大学化学科に移り、無機化学を講じた。また師のダイバーズと共に多くの実験や論文執筆を行い、亜鉛硝酸と硫化水素からハイドロシルアミンの抽出に成功した。29年文部省留学生としてドイツ・フランス・イギリスに渡って化学研究に従事し、帰国後の32年東京帝大理学部教授就任。大正2年病気のため教授の職を辞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「垪和 為昌」の解説

垪和 為昌 (はが ためまさ)

生年月日:1856年5月23日
明治時代;大正時代の化学者。東京帝国大学教授
1914年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android