城南之離宮(読み)せいなんのりきゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

(平安京の南方にあったために、「文選」の「長門賦」の詩句になぞらえて呼ばれた) 京都市伏見区下鳥羽から南区上鳥羽の一帯にあった、白河・鳥羽・後白河上皇の離宮。鳥羽殿。鳥羽離宮。
※高野本平家(13C前)三「法皇は城南(セイナン)の離宮(リキウ)にして、冬もなかばすごさせ給へば、野山の嵐の音のみはげしくて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android