城戸 又一(読み)キド マタイチ

20世紀日本人名事典の解説

城戸 又一
キド マタイチ

昭和期の評論家 東京大学名誉教授;創価大学名誉教授。



生年
明治35(1902)年10月3日

没年
平成9(1997)年8月22日

出生地
福岡県福岡市博多

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部フランス文学科〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等旭日中綬章〔昭和48年〕

経歴
大阪毎日新聞社入社。昭和8年パリ特派員となり、ヒトラー出現からミュンヘン会談に至るヨーロッパ政局を報道する。帰国後、学芸部長、論説委員、論説副委員長を歴任。26年単独講和に反対して毎日新聞を辞職。その後東京大学新聞研究所所長、同志社大学教授、創価大学教授、放送批評懇談会会長、日本新聞学会会長を歴任。編著に「現代ジャーナリズム講座」がある。平成10年城戸又一賞が創設される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

城戸 又一 (きど またいち)

生年月日:1902年10月3日
昭和時代の社会学者;評論家。東京大学教授;日本新聞学会会長
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android