コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城端〈町〉 じょうはな〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕城端〈町〉(じょうはな〈まち〉)


富山県南西部、砺波(となみ)野南端に存在した町。
善徳(ぜんとく)寺の門前町。東砺波郡。2004年(平成16)11月、合併により廃止。⇒南砺市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

城端〈町〉の関連キーワード南砺[市]南砺(市)松本 謙三今石動城端塗利賀福光井口上平城端福野井波

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android