城間 栄喜(読み)シロマ エイキ

20世紀日本人名事典の解説

城間 栄喜
シロマ エイキ

昭和期の染色家 紅型(びんがた)宗家13代目。



生年
明治41(1908)年3月4日

没年
平成4(1992)年6月9日

出生地
沖縄県那覇市

学歴〔年〕
尋常高小〔大正9年〕卒

主な受賞名〔年〕
沖縄県功労者〔昭和63年〕,伝統文化ポーラ賞(特賞 第12回 平4年度)

経歴
大正9年家業に従事したが、経済不況、同化政策、その上盗難に遭って家運が傾き、離島へ年季奉公。昭和3年父の死で家業を継いだ。17年染料入手のため上京したが、徴用されて兵庫県川西航空の職工となり、さらに海軍に召集された。戦争で妻や次男を失う。22年帰郷、紅型作製を始めた。物資不足の時代、染料に夜光貝、口紅、赤瓦を、型紙に旧陸軍の地図などを使って、700余点の図柄を復元、自分で考案したものも50余点を作製。紅型技術の保存、普及の功績によって、沖縄復帰の48年県の無形文化財に認定され、技能保持者代表となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

城間 栄喜 (しろま えいき)

生年月日:1908年3月4日
昭和時代の染色家。紅型(びんがた)宗家13代目
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android