城 泉太郎(読み)ジョウ センタロウ

20世紀日本人名事典の解説

城 泉太郎
ジョウ センタロウ

明治期の社会思想家



生年
安政3年(1856年)

没年
昭和11(1936)年

出生地
越後国(新潟県)

学歴〔年〕
慶応義塾

経歴
越後長岡藩士の子。慶応義塾の教師となる。ルソー、ロック、コントなどを読み、共和主義を唱える。明治11年土佐の立志社に招聘され、自由民権論者のために西洋政治思想を講義。20年「支那の大統領」を著わすが刊行されず、未刊稿本として伝わる。ヘンリー・ジョージの思想に共鳴し、その著書を訳し、24年「済世危言」と題して刊行した。晩年は弾圧を避けるため隠者の生活を送った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android