コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埠頭クレーン ふとうクレーンwharf crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埠頭クレーン
ふとうクレーン
wharf crane

埠頭荷役作業をするクレーン(→コンテナ専用埠頭)。埠頭の岸壁に沿って走行し,横づけした船舶の船倉と埠頭との間の荷役を行なう。船倉の上まで腕を伸ばして荷物を吊り上げ,所要場所まで移動させるのに便利な回転ジブクレーンが多く用いられる。また埠頭上の通路,引込線などの交通や作業のじゃまにならないよう,門型,半門型の架構で支持する。コンテナ船の増加を背景として国際拠点港湾を中心に整備が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

埠頭クレーンの関連キーワードコンテナ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android