コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本高水と森林保水力

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

基本高水と森林保水力

基本高水はダム遊水池放水路など洪水量を調節する施設がない状態の河川に流れる水量。ピーク流量は治水計画を立てる基本となる。値が大きいほどダムなど大型治水施設が必要になるため、値が適正かどうかが議論になる場合もある。森林保水力は「緑のダム」とも言い、森林が雨水をため川に流れ出る時間を遅らせる機能。樹木土壌の水を吸い上げ、葉から蒸発させるなどの働きも含まれる。

(2008-11-08 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

基本高水と森林保水力の関連キーワード基本高水

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android