コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基軸通貨と人民元

1件 の用語解説(基軸通貨と人民元の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

基軸通貨と人民元

基軸通貨は、世界中でもっとも流通量が多く、どこの国でも受け取ってもらえる通貨。第2次世界大戦を経て、英国のポンドから米国のドルへと移った。人民元は規制が多く、ドル、ユーロ、円やポンドなどと異なり、国際市場で他の通貨と自由に交換できない。日々の値動きも当日の基準値の上下0.5%しか認めていない。この結果、ドルに対する固定相場をやめた05年夏以降も、約24%の値上がりにとどまっている。直近の基準値(20日)は1ドル=6.31元。

(2012-01-27 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基軸通貨と人民元の関連キーワード基軸通貨国際通貨セレベス海クロスレート中でもIMF体制基軸通貨(Key Currency)金・ドル本位制主要通貨報告通貨

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone