埼玉県さいたま市(読み)さいたま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕さいたま〈市〉(さいたま〈し〉)


埼玉県南東部の市。
同県の県庁所在地で、県の行政・文化の中心。2001年(平成13)5月、浦和市、大宮市、与野市の合併により誕生。2003年4月、政令指定都市に移行。桜区、浦和区、南区、緑区(以上、旧・浦和市市域)、西区、北区、大宮区、見沼区(旧・大宮市市域)、中央区(旧・与野市市域)の9区で区政を開始。2005年4月には岩槻市を編入、岩槻区とし、現在10の行政区をもつ。
旧・浦和市は室町時代からの市場町・宿場町で、のち中山道・日光御成(おなり)道の宿駅として繁栄。1871年(明治4)埼玉県庁がおかれる。関東大震災以後、東京の衛星都市に発展。旧・大宮市は古くから武蔵国一宮(いちのみや)氷川神社の鳥居前町で、江戸時代には中山道の宿場町として発展。近在の農村で産する長芋・柿渋などの取引が盛んだった。明治期以降、鉄道敷設や鉄道工場・操車場の設置から「鉄道の町」となった。現在大宮区には鉄道博物館がある。1990年以降、大宮操車場跡地を中心にさいたま新都心を整備・開発する動きに伴い、さいたまスーパーアリーナやけやきひろば、オフィスビルやホテルの建築が進む。さいたま新都心合同庁舎には中央官庁の出先機関が多数設置されている。彩の国さいたま芸術劇場、埼玉県立近代美術館がある。地元特産品として岩槻のひな人形、岩槻ネギ、北区の盆栽、緑区のクワイが挙げられる。
岩槻区
浦和区
大宮区
北区
桜区
中央区
西区
緑区
南区
見沼区

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉県さいたま市の関連情報