埼玉県児玉郡神川町(読み)かみかわ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕神川〈町〉(かみかわ〈まち〉)


埼玉県北西部、神流(かんな)川沿いの町。群馬県との県境を有す。児玉(こだま)郡
2006年(平成18)1月、同郡神泉村と合併して現在の姿となる。特産のナシのほか、レタス・キュウリ・コンニャク・イチゴなどの栽培、酪農・畜産が行われる。神流川に下久保ダム神流湖)、三波石峡(さんばせっきょう)(国指定の天然記念物)がある。金鑽(かなさな)神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際に創建したと伝えられ、多宝塔は国の重要文化財に指定。境内奥の御岳(みたけ)の鏡岩は国の特別天然記念物。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android