コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県川口市 かわぐち〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕川口〈市〉(かわぐち〈し〉)


埼玉県南部、荒川下流北岸に位置する市。2011年(平成23)10月、鳩ヶ谷市を編入、現在の姿となる。
南部は東京都に接し、東京への通勤者も多い。2001年(平成13)4月より特例市。江戸時代は日光御成(おなり)道の宿場町。早くから鋳物(いもの)・植木・釣り竿細工・青縞(あおじま)織・みそ醸造などの工業が発達。明治期以降は鋳物産業の拡大・近代化が進み、キューポラの景観で知られる「鋳物の町」川口の名が定着した。従来からの鋳物・金属工業に加え、電機・化学工場などが進出。安行(あんぎょう)地区は植木栽培の造園業者が多い。産業の変化に伴い、鋳物工場跡地にはマンションなど高層住宅が多く建設された。川口オートレース場がある。埼玉高速鉄道線が通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

埼玉県川口市の関連キーワード埼玉県川口市久左衛門新田埼玉県川口市鳩ヶ谷緑町埼玉県川口市藤兵衛新田埼玉県川口市南鳩ヶ谷埼玉県川口市西新井宿埼玉県川口市戸塚鋏町埼玉県川口市戸塚境町埼玉県川口市長蔵新田埼玉県川口市前上町埼玉県川口市前川町埼玉県川口市東領家埼玉県川口市北原台埼玉県川口市東貝塚埼玉県川口市前野宿埼玉県川口市北園町埼玉県川口市八幡木埼玉県川口市河原町埼玉県川口市木曽呂埼玉県川口市柳根町埼玉県川口市南前川

埼玉県川口市の関連情報