コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県幸手市 さって〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕幸手〈市〉(さって〈し〉)


埼玉県北東部、利根川沖積低地に位置する市。
江戸時代日光街道・日光御成(おなり)道の宿場町として繁栄。昭和40年代後半から都市化が進展した。機械・プラスチック・食品・印刷工場などがある。稲作と野菜・花卉(かき)栽培が盛ん。権現堂堤は桜の名所で、現在県営公園としての整備が進められている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

埼玉県幸手市の関連キーワード埼玉県幸手市上宇和田埼玉県幸手市外国府間埼玉県幸手市内国府間埼玉県幸手市下宇和田埼玉県幸手市高須賀埼玉県幸手市香日向埼玉県幸手市天神島埼玉県幸手市惣新田埼玉県幸手市西関宿埼玉県幸手市下吉羽埼玉県幸手市神明内埼玉県幸手市下川崎埼玉県幸手市平須賀埼玉県幸手市円藤内埼玉県幸手市槙野地埼玉県幸手市中川崎埼玉県幸手市上吉羽埼玉県幸手市上高野埼玉県幸手市権現堂埼玉県幸手市細野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉県幸手市の関連情報