コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県幸手市 さって〈し〉

1件 の用語解説(埼玉県幸手市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕幸手〈市〉(さって〈し〉)


埼玉県北東部、利根川沖積低地に位置する市。
江戸時代日光街道・日光御成(おなり)道の宿場町として繁栄。昭和40年代後半から都市化が進展した。機械・プラスチック・食品・印刷工場などがある。稲作と野菜・花卉(かき)栽培が盛ん。権現堂堤は桜の名所で、現在県営公園としての整備が進められている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埼玉県幸手市の関連情報