埼玉県春日部市(読み)かすかべ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕春日部〈市〉(かすかべ〈し〉)


埼玉県東部、関東平野のほぼ中央に位置する市。
2005年(平成17)10月、北葛飾郡庄和町と合併して現在の姿となる。2008年4月より特例市。江戸時代には日光街道粕壁(かすかべ)宿の宿場町、市場町として繁栄。昭和40年ごろから大型住宅団地の造成や工場進出が相次ぎ、人口が急増した。大規模小売店が点在し、商業が盛ん。桐(きり)たんす羽子板麦わら帽子が特産品。東部では稲作とキュウリ・ナスなどの栽培が盛ん。毎年5月に行われる伝統行事の大凧あげが有名。牛島のフジは国の特別天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉県春日部市の関連情報