コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県本庄市 ほんじょう〈し〉

1件 の用語解説(埼玉県本庄市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕本庄〈市〉(ほんじょう〈し〉)


埼玉県北西部、北部では利根川を挟み群馬県と接する市。
2006年1月、旧・本荘市と児玉郡児玉町が合併して現在の姿となる。旧・本庄市は江戸時代には中山道の宿場町、本庄宿が置かれた地。旧・児玉町には、戦国時代に山内上杉氏が雉岡(きじおか)城を築城したといわれており、近世からは城下町・宿場町・市場町として栄えた。明治期以降、生糸・絹織物の産地として発展。第二次世界大戦以降、工業化が進み、電機・輸送用機器・化学・金属などの工場が進出。ネギ・ナス・シイタケ・キュウリなどの野菜栽培も盛ん。旧・児玉町は伝統産業の瓦(かわら)製造で知られ、国学者・塙保己一(はなわほきいち)の生地でもある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埼玉県本庄市の関連情報