コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県比企郡ときがわ町 ときがわ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕ときがわ〈町〉(ときがわ〈まち〉)


埼玉県中部、秩父山地東麓の町。比企(ひき)郡
2006年(平成18)2月、同郡の玉川村と都幾川(ときがわ)村が合併して成立。町の名前は町内を流れる都機川に由来する。旧・玉川村地区では稲作・野菜栽培・畜産が行われる。旧・都幾川村地区では恵まれた山林資源を利用した林業・製材業や伝統の家具製造業が盛ん。輸送用機器・窯業・印刷などの工場もある。慈光寺は国宝の「法華経一品経」を所蔵。堂平山(どうだいらさん)にはかつての東京天文台堂平観測所である堂平天文台星と緑の創造センターがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埼玉県比企郡ときがわ町の関連情報