埼玉県熊谷市(読み)くまがや〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕熊谷〈市〉(くまがや〈し〉)


埼玉県北部、荒川中流に位置する市。
同県北部の行政・経済・交通の中心。2005年(平成17)10月、旧・熊谷市と大里郡大里町、妻沼町が合併。2007年2月には、大里郡江南町を編入して現在の姿となる。2009年4月、特例市に移行。鎌倉時代には関東の有力武将、熊谷直実(くまがいなおざね)が本領とした地で、江戸時代に中山道の宿場町・市場町として栄えた。明治期以降、鉄道交通の要衝、同県北部の物資集散地として発展。昭和初期には陸軍飛行学校が設置された。県内有数の米麦の産地として知られ、ネギ・ニンジン・ゴボウなど野菜類の栽培も盛ん。商工業も盛んで、機械・セメント・電機・精密機器・製薬などの工場が進出。埼玉県農林総合研究センター、熊谷市ムサシトミヨ保護センターなどの畜産・水産関連の研究施設がある。国指定史跡の宮塚古墳、国の重要文化財平山家住宅などの史跡もある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉県熊谷市の関連情報