コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埼玉県行田市 ぎょうだ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔埼玉県〕行田〈市〉(ぎょうだ〈し〉)


埼玉県北部、利根川と荒川の間に位置する市。
2006年(平成18)1月、北埼玉(きたさいたま)郡南河原村を編入、現在の姿となる。室町時代に築かれた忍(おし)城の城下町。江戸時代中期から足袋の産地として発展。第二次世界大戦後、足袋縫製業は被服工業に転換。観福(かんぷく)寺の南河原石塔婆(みなみかわらいしとうば)は鎌倉時代の作で、国の史跡に指定。国宝「金錯銘鉄剣」が出土したことで知られる埼玉(さきたま)古墳群(国の史跡に指定)は県立さきたま古墳公園として整備されており、ユネスコ世界遺産への登録を目指している。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

埼玉県行田市の関連キーワード埼玉県行田市富士見町埼玉県行田市壱里山町埼玉県行田市深水町埼玉県行田市中江袋埼玉県行田市棚田町埼玉県行田市押上町埼玉県行田市門井町埼玉県行田市真名板埼玉県行田市馬見塚埼玉県行田市下須戸埼玉県行田市下中条埼玉県行田市下池守埼玉県行田市清水町埼玉県行田市西新町埼玉県行田市南河原埼玉県行田市上池守埼玉県行田市小敷田埼玉県行田市北河原埼玉県行田市若小玉埼玉県行田市矢場

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埼玉県行田市の関連情報